second line

Home > GMへのお知らせ > 3/16(月) あるう゛ぃるさんが体験入団してくれました。

 

3/16(月) あるう゛ぃるさんが体験入団してくれました。

GMへのお知らせ 2015.04.03 Fri


こんばんは。風宮ゆきみです。

ぐずぐずしているうちに4月になってしまいました……。

前回のヘリオトロープさん体験入団の記事で予告させていただいた通り、
今日は3/16に体験入団してくれたあるう゛ぃるさんのご紹介をしたいと思います。

あるう゛ぃるさんはひらがなの表記です。

出来るだけ正式なキャラ名で書きたいと考えてはいますが、

あるう゛ぃるさんの場合、入力する手間を省くため、申し訳ありませんが、アルヴィルさんとカタカナで表記させて下さい。
(これはご本人にはゲーム内で簡単に承諾はいただいています。)

正式なキャラ名のあるう゛ぃると簡易表現のアルヴィルが混ざりますが、同じ方のことを指していますので、よろしくお願いします。

タイトルや目立つと思う部分→あるう゛ぃる(正式なキャラ名)
文中のあまり目立たない部分→アルヴィル

使い分けが曖昧ですが、こう使い分けできればと思っています。


とか、打っている間に予測変換がバッチリ対応するようになりました。
これは以降ずっとこうなのか分かりませんが、予測変換が機能する間はあるう゛ぃると書きたいと思っています。

時間が空いてまた予測変換しなくなりましたが、毎回何回か打てば対応するのでしょうか。


3/16(月) あるう゛ぃるさんが体験入団してくれました。


あるう゛ぃるさん1 

時期的にお忙しい方が多いのか、あるう゛ぃるさんとは最初入団した日以来まともにお会いできていないと思います。


●体験入団までの経緯

3/16(月)の夜に当ブログのメールフォームからメールをいただきました。

BreidablikサーバーでROを1からまた始めようと思っており、
是非ギルドメンバーとして迎え入れて頂きたいと思っております。


という、復帰を考えている方がBreidablikサーバーに復帰し、当ギルドへの加入を希望する内容でした。

転載に近いものになってしまいますが、最初にいただいたメールにとても詳しくご自身のRO歴を書いてくださいましたので、それを元にあるう゛ぃるさんのご紹介をさせて下さい。


○当ブログを見つけて、問い合わせた経緯

約3年ぶりにROに復帰しようと調べていて、このブログを見つけたそうです。
記事を読んでいて、secondl lineが

非Gvの狩りギルドで、あるう゛ぃるさんのメインの接続時間帯が一致したこと。

記事を読んでいて、風宮の真摯なところが気に入り、是非ギルドの一員に迎えてほしいと。

(これは自分で書いていて、とても恥ずかしいですねw)



○あるう゛ぃるさんのこれまでのRO経歴

β時代からのプレイヤーさんで、2006~2009年は休止、
2010年の3次実装直前(R化)直前に復帰、2012年頃より休止されていたそうです。


リアル事情が落ちつき、今回ROをまたやってみようとお考えになったそうです。

休止前はSesサーバー(現Mimirサーバー)で活動していたそうです。

メインキャラは罠レンジャーと支援アークビショップ。
他にウォーロックなど、基本的に後衛だそうです。

今回も後衛のキャラ中心に活動していきたいとおっしゃっています。


○メールのやり取り~ゲーム内でお会いするまで

今回は、歓迎の育成会のリプレイ動画は取ってあるのですが、それより前のゲーム内でお会いしてから入団していただくまでの動画やSSがないことと、もう2週間前の話ですので記憶が曖昧な部分があります。

メールが来た時パソコンの前にいたので、すぐに返事をしました(と思います)。
そのまま、何回かやり取りをして、その日のうちにゲーム内でお会いすることになりました。

入団(体験)が前提で、ブログの規約や募集案内のページもよく読んだとおっしゃってくださったので、きちんとした面談はしていないと思います。

経験者の方とはいえ、完全に1からのスタート。
あるう゛ぃるさんご本人はなるべく早く他のメンバーのレベルに追いついて一緒に活動したいと望んでいました。

事前に今のROやBreidablikについて勉強されたそうですが、改めて説明をさせてもらいました。

あるう゛ぃるさんは最初に育てるキャラをアコライトに決めました。
支援アークビショップを目指すそうです。
支援は臨時に参加しやすいので、軌道に乗ればあっという間に転生し、3次職になれます。
金銭面の援助や安価な装備のレンタル・提供等そのサポートができればと思いました。


●あるう゛ぃるさん歓迎育成会

体験入団してもらった時点で時間がかなり遅かったですが、まだ落ちなくても大丈夫とのことで、そのまま歓迎の育成会をすることになりました。

ちょうど「ぽみせ臨時」が立っていなかったのと、支援でもサポートを受けて自分で戦った方が感覚を取り戻せると思い、AB、ソーサラー、ワンダラー、ミンストレルと万全のサポート体制でレベルを上げました。

最初、オークダンジョン前にカプラ転送で移動し、オークウォーリアで適当にレベルを上げた後、時計塔地上3に移動。
ジョブがほとんど無い時代もありましたが、今のアラームは強さに対して、ベース・ジョブともにかなり経験値の良いモンスターです。



あるう゛ぃるさん2  

ストライキング、エクスピアティオ、マリオネットコントロール、スイングダンスと、支援てんこ盛り状態でアラームを倒していくあるう゛ぃるさん。

武器は普通の+5スタナーです。
アラーム程度の敵だと、物理攻撃に関係する各ステータスが初期値に近くてもまったく問題ありませんでした。

15分くらいアラームを狩った後、ワンダラーを出してくれたみずきさんが落ちることになりました。
スイングダンスがないと攻撃速度が遅くなり、アラームをテンポ良く倒せなくなり、他の方法を考えることになりました。

そこで、風宮は残りのレベル上げ(1次ジョブ50まで)は、適当なキャラで引っ張り、お座りして上げませんかと提案しました。

サブの♂アカを1day課金し、以前他のキャラの2PC育成に使って放置していた公平圏の忍者でレベルを上げることにしました。

戻ってきたばかりの方に、作業的なレベル上げをしてもらっていいものなのか気になり、こういうレベル上げ方法でも大丈夫ですかと確認しました。

あるう゛ぃるさんは、早く他のギルドメンバーのレベルに追いつきたいと受け入れてくれました。


レベル上げの追い込みはマラン島(星明りの珊瑚礁)で行いました。

みなさんはパワーレベリング(死語かもしれませんがw 養殖とほぼ同義だと自分は思っています。)はどういう方法で行っているか分かりませんが、風宮は1次職~2次職転職直後で育成手伝いをする時は、良くこのマラン島を利用しています。


◎忍者でのマラン島育成が気に入っている理由

○攻撃面

クナイが必中かつ攻撃速度で連射できるスキルなので、愛用の水特化グラディウスが装備できる24レベルから戦える。

主なターゲットはシオラバですが、こいつは柔らかく、水特化グラしか対水装備が無くても大体7~8発で倒すことができます。


○防御面

空蝉で敵の攻撃がほぼ避けられる。
そのため、事前に時計塔1(パンク)等で空蝉5習得するまでジョブレベルを上げてから、マランに移動しています。

アクティブがマルク・ソードフィッシュ・ピラニアといますが、数がそこまで多くなく、入口で比較的安全に放置できるのもポイントです。

○移動面

ダンジョン手前でポタメモが可能なので、育成相手にポタメモを取ってもらえば、プロから相互に送迎可能。
クナイ忍者はクナイの重量の関係で細かく補給する必要がありますが、アクセスの良さで大分負担が軽減されます。


元々、アラームで52/43まで上がっていたので、そこから30分前後でジョブ50になりました。
あきさんがワンダラーにチェンジ。SSには写っていませんが、らむさんがABを出してくれて快適にレベル上げができました。


あるう゛ぃるさん3  


●あるう゛ぃるさんのその後

最初に書きましたが、初日に育成会をして以来、ほとんどお会いしていません。
(風宮が確認した中で)あるう゛ぃるさんが最後にログインしたのは3/21,22の土・日あたりだと思われます。

先週はおそらく一度も見かけていません。時期が時期なので、お忙しいのだと思います。
最初に連絡してくださった時のメールの熱意から、きっと落ちついたら戻ってきてくれるとじっと待っています。

ただ、入って間もない方がふっと来なくなると、また顔を出してくれるのか少し心配ではあります。

あるう゛ぃるさんはその2~3回の活動で、臨時に積極的に参加したのか、一気にハイプリーストの97まで上がっていました。
おそらくジョブも70かそれに近いものだと思われます。

転生資金が問題でしたが、当時安売りをしていたRJC2013パッケージを買って、zeny化できたそうです。


あるう゛ぃるさん4 


このまま3次職に転職できれば、ジターバグに入場できるようになり、ようやく他のギルドメンバーと一緒に活動することができます。

あるう゛ぃるさんがお休みしている?間に魔神の塔が実装されたので、こちらに行ってみるのも良さそうです。


これでようやく2週間前に体験入団してくれた
ヘリオトロープさん、あるう゛ぃるさんのご紹介をすることができました。

ヘリオさんはギルドGHMDへのゲスト参加からの入団。
あるう゛ぃるさんは当ブログのメールフォームで問い合わせをして入団してくれました。

いずれも従来のプロンテラ南のGM募集広場で募集する方法とは異なります。

プロ南でギルドの募集活動をしたことがある方ならご理解いただけると思いますが、あそこでいつ来てくれるか分からない入団希望者さんを待つのは時間を使いますし、本当にエネルギーを使います。

そして、もしチャットに入ってくれた人がいたとしても、接続時間等の条件が合わなかったり、
ミスマッチが無いようにきちんと面談しようとして、面倒なのか断られてしまったこともあります。

ですので、自分から募集をせずに、このブログを見てsecond lineや風宮に好感を持って、ギルドに入団したいと接触してもらえるのは本当にありがたいことだと思っています。


ギルドメンバーを募集しようとまったく考えていなかったタイミングで2名新しく加わってくれました。

あまりに順調過ぎて、ヘリオさんが体験入団してくれた後、思わずツイッターでこんなことをつぶやきました。
最後にこのつぶやきに少し触れて今回のあるう゛ぃるさん紹介の記事を締めたいと思います。


3/15(日) 風宮ツイッターより

アクティブな方もお休み中の方もいますが、所属メンバーは今年に入ってからも順調に増え、
風宮が全盛期だと思っている無料期間後期よりおそらく多く、(自分からすれば)巨大組織になりました。
小規模感がSLの良さだと思いますので、良さを失わないように気をつけないとですね。


このつぶやきから2週間経ち、少しだけ状況は変わりましたが、最近は


1.去年の後半から安定してインしてくれているメンバー
2.2015年になってから入ってくれた新メンバー(パルティアさん・早猿さん)
3.しばらくいなかったけど、戻ってきてくれた人(らむさん・akinaさんなど)




と、多くのメンバーがログインし、ギルドの活動に参加してくれています。
反対にさまぷさんやエルさん、陛下のように、1月末くらいまではよく接続してくれて、それからお忙しくなってお休み状態の方もいますが。

毎日10人前後インしてみんなで活動することが多かった無料期間後半(2013年後半)に比べると、同時に接続する人数は少ないかもしれませんが、長期休止者・無期限休止者を除いたアクティブメンバーは当時と比べても明らかに多いです。

元々、リーダーなんて恐れ多いと思っている自分からすれば、十数名もアクティブメンバーがいる今のSLはめちゃくちゃ巨大なグループなんだなと思ってしまいます。

誰もプレッシャーをかける人がいないのに、自分で勝手にプレッシャーに押されることもありますw

軽い気持ちで始めたギルドですが、所属してくれる方にこのギルドに入って良かった思えるようなギルドにしたいと思っています。

しかし、最近こう思うようになりました。

ギルドのことを考えるのも大事だけど、自分もギルドマスターである以前にメンバーのみなさんと同じ1人のプレイヤーなので、今後は1プレイヤーとして純粋にこのゲームを楽しめればいいなあと。

でも、やっぱり、ギルドを大事に思っているから、誰も頼んでいないのに色々に気にしてしまうんですけどねw


今回、完成手前までは速かったのですが、そこからアップするまでに時間がかかってしまいました。
もっとテンポを上げないとなと思っています。
ここまで読んでいただきありがとうございました。





このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています
 
 

Comments

name
comment
エラン : URL No title

#mQop/nM. Edit  2015.04.04 Sat 02:42

お疲れ様です、マスター。
マスターが言うようにSLは確かに小規模なGではありますが、今のROには得難い貴重な良いGだと思ってます。
先日のおもちゃクリアの時に思いましたが、人数、職のバランス等、今のSLは第二次黄金期と言っても良いのかもしれませんね。
第一次黄金期の封印神殿やETに行ってた時の事を思い出しました。
また再びこの様に勢いを取り戻してきたのは、マスターの努力の賜物ではないかと。

風宮ゆきみ : URL エランさんありがとうございます。

#- 2015.04.04 Sat 16:00

> お疲れ様です、マスター。
> マスターが言うようにSLは確かに小規模なGではありますが、今のROには得難い貴重な良いGだと思ってます。
> 先日のおもちゃクリアの時に思いましたが、人数、職のバランス等、今のSLは第二次黄金期と言っても良いのかもしれませんね。
> 第一次黄金期の封印神殿やETに行ってた時の事を思い出しました。
> また再びこの様に勢いを取り戻してきたのは、マスターの努力の賜物ではないかと。

エランさん。コメントありがとうございます。
お疲れ様です。
エランさんに声をかけていただくと、昔も今も変わらず気持ちが引き締まります。

エランさんご自身にそのようなプレッシャーをかける要素はまったくないのですが、
おそらく新人マスターだった自分のギルドにいきなりマスターをずっとやっていた方が入ってきて、かしこまってしまうのではないでしょうかw

先日のおもちゃのボス戦は良かったですね。
平日にも関わらずタイミング良かったか多くのメンバーが参加してくれました。
みんなで協力して、それまでクリアできなかったダンジョンをクリアするのは本当に達成感があります。

自分は臨時にはあまり行かないので、どうなのか分かりませんが、
ああいう勝てるか勝てないかギリギリのチャレンジ要素が強い試みができるのは、ギルドならではないかと思うのです。

ただ、ROのボス戦は参加できる職とできない職がはっきり分かれていて、
そういういわゆる要職と言われている職とそうではない職に分けて考えられることが多いですが、

自分としては、せめてギルドの中くらいはそういう枠を取り払いたいと思っていますので、
ああいうボス戦があるコンテンツにボス戦に参加しづらい職で参加する方はどうなのかと気になっています。

一番、人数の少なくなった去年の10月前半は勧誘活動を行いましたが、そこからは巡り合わせが良く、集まってくださったみなさんにただ感謝するばかりです。

たかがゲームのことですが、一時はもうダメかと思うこともあって辛い時期もありましたので、
持ち直すことができて本当に良かったです。

そんな苦境をずっと近くで支えてくれたみずきさん。
今は離れてしまいましたがABさん(エランさんなら分かっていただけると思います)の2名には特に感謝しています。

無料時代と違うのは、私がリアルの都合で土・日の夜にインできないことが増えたことです。
(入れる時もありますが……。)

人が多そうな時に入れないのは自分でももったいないと思っていますが、
自分がいなくても、インしてきた人で一緒に何かしたり、楽しんでいただけるとうれしいです。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可