second line

Home > GMへのお知らせ > 3/3(火) 早猿さんが体験入団してくれました。

 

3/3(火) 早猿さんが体験入団してくれました。

GMへのお知らせ 2015.03.09 Mon

こんばんは。風宮ゆきみです。

今回、何故か記事を書くのに手間取り、大分前の話になってしまいました。
3/3(火)に1名体験入団してくれましたので、そのご紹介をしたいと思います。


●3/3(火) 早猿さんが体験入団してくれました。
(早猿の読み方は特に決めていないそうです。)


早猿さん1 


158Lvとものすごく高レベルの影狼さんで驚きました!
(失礼な話ですが、あまり見かけない朧と比べても影狼は見かけないので……。)

この他にもミンストレルとレンジャーを見ましたが、両方共「○猿」でした。
風宮は早猿さんとお呼びしていますが、猿さんでも良いのかもしれません。

早猿さんは、体験入団の経緯が少し特殊なので、この場をお借りしてご説明させて下さい。
ご本人にはキャラ名の公開と今回入団の経緯を説明する許可はいただいている……はずです。


●早猿さんが体験入団するまでの流れ

3/3未明に当ブログのメールフォームからGMの募集はまだやっていますか? 
と、お問い合わせのメールをいただきました。
その日の22時過ぎに実際にゲーム内でお会いし、SLのたまり場で約1時間面談をして、そのまま体験入団していただきました。


●早猿さんのRO経歴とギルドを探すようになった経緯

以下、面談の時に聞き取りした内容をまとめていきます。
リプレイ動画を取って、それをメモしたものなので間違いないと思うのですが、もしかしたら間違っている箇所があるかもです。

ROを始めたのは、Breidablikがまだ無料期間だった、2013年9月頃だそうです。
ご友人に誘われて始めたそうです。

最初に入ったギルドは早猿さんのお知り合い以外いなくなってしまい、ほとんど自然消滅。
その他に数キャラ所属させているギルドもありますが、そちらも去年の年末からマスターさんが音信不通で、少しずつメンバーが抜けたりして、次第に弱っているそうです。

↑の数キャラ所属させているギルドをここでは「現ギルド」と呼ぶことにします。

早猿さんはとても心優しい人で、現ギルドのマスターさんが不在の間、自主的にサブマスター的なことをして、どうにかギルドを維持できないか努力していたそうです。

しかし、新人さんが中々居つかなかったり、ご本人は上手くいかないなと思っているそうです。
(これは早猿さんや、早猿さんのギルドがどうというより、現在のROのシステム上、完全に1人で始めた新規さんが良き出会いもなく、長期間継続プレーするのは困難だとは思います)

マスターではない現ギルドを代わりに運営するより、新しく受け入れギルドを立ちあげて、移籍を希望する方を受け入れようと思い、何人かに声をかけたところ、Gvをしないギルドならついていくと言ってもらえたそうです。

それで、ギルドの運営の方法みたいなことを調べているうちに、このブログにたどりついたそうです。
ブログを読んでいるうちに、second lineに興味を持ってくれたそうです。

改めて、早猿さんに新しくギルドを立ち上げるか、このままSLも入団するか尋ねました。

早猿さんは、ギルドを新しく作っても存続させる自信はないが、多少やってみたい。
と、正直な気持ちを伝えて下さいました。


ここからはかなり気恥かしい話になりますが、
風宮ゆきみは早猿さんの理想のマスター像にかなり近く、自分でギルドを立ち上げる決心がつくまで、ある程度勉強させてほしいと言ってくれました。

とてもうれしい申し出なのですが、勉強したいなんて恐縮ですねw

いくら興味を持ったからと、入団のお話がしたいと直接連絡を取ろうとするのはなかなか出来ないことです。
風宮としてはそんな積極的な方には是非このまま入団していただきたいなと思うのですが、

もう1つの本心としては、やはり早猿さんにはいずれギルドのマスターになって、現ギルドを再建してほしいです。

SLにギルド運営の勉強にやって来た人が活動を通じて感じたことを活かして、別のギルドを立ち上げ、元いたギルドを再建する。
一人で熱い展開だ! と盛り上がっています。

勉強したいと言っていただけるのはありがたいのですが、きちんとしたギルドイベントとか特別していることがあるわけでもなく、ギルド運営の参考になるかは分かりませんが……。

自分がギルドのマスターとして気をつけていることは、2つ。


1.連絡することがあればきちんと連絡する等、出来るだけ丁寧にメンバーと接すること。
2.気持ちが折れないうちは、状況の変化でアクティブメンバーが減ってもあきめらないこと。



そして、メンバーのみなさんにそういう風に見られているかは分かりませんが、
マスターとメンバーというより、同じギルドのメンバー同士だと思ってもらえればうれしいなあと思うのです。

まずは、早猿さんにSLを気に入っていただいて、どうにか正式入団してもらわないと始まらないのですがw

まだ、体験入団で、正式入団してもらえるかまだ不明ですが、
メンバーのみなさんは早猿さんのこうした事情にご理解をお願いしたいのと同時に他の新メンバーと同じように接していただけるとうれしいです。


●早猿さん歓迎GHMD 

面談の後、早猿さん歓迎のギルドGHMDに出かけました。


早猿さん歓迎GHMD  


◎風宮ツイッターより転載

3/4(水)ギルドGHMD 5人PTクリア

白龍さん(ギロチン)
mooさん(連)
みずきさん(皿)
早猿さん(民)
風宮(AB)

2回程危ない場面がありましたが、ロイヤルナイトの引きが良く、クリア時間はこれまでで最速の25分でした。


◎参加メンバー

白龍さん→ギロチン
mooさん→レンジャー
みずきさん→ソーサラー
風宮→AB

あきさん→AB(途中で鯖落ちして、他に入れるキャラがいなかった……。)

早猿さん→ミンストレル


自分からギルドに入りたいと接触してくれた新人さんが、ギルドに足りないミンストレルを自主的に出してくれる。
まさに夢のような話でしたw

演奏職は必要とはいえ、ブラギやサービスの主要な演奏の維持が主な役目なので、操作が単純化され、出して下さる方には感謝しながらも、何だか申し訳ない気持ちになります。
(演奏をメインでやっている方、こんな言い方になってしまって申し訳ありません。)

早猿さんはブラギで詠唱速度やディレイを短縮して、味方が強くなるのを見るのが楽しいと言ってくれました。
何て良い人なんだ。全く話ができすぎだぜ! と思ってしまいますね。

しかし、あくまでメインは影狼とおっしゃっていたので、あまり早猿さんのミンストレルに頼りすぎないようにしないといけません。


●マルチプレイヤー早猿さん

歓迎GHMDの次の日のギルドGHMDの時に知ったのですが、
メインの影狼、ミンストレル以外に何とオーラのレンジャーを持っていてかなり驚きました!

Gvをやっていた方はやはりキャラが育っている傾向があるのでしょうか。


●おまけ あきさんについて

そして、これは早猿さんの話ではありませんが、
この回、あきさんが初めてギルドGHMDに参加してくれました。
(以前、イベントで入場制限が緩和されている時に、一度行きましたが、平時では初めて。)


あきさん4 


今回のDDで頑張ってレベル上げに励み、メインの養子AB(↑SSのキャラ)が初めて130Lvを超えました。
ギルドに所属しているシャドウチェイサーも120Lvを超えました!

あきさんは狩りをしてレベルを上げるより、チャットでお話する方が好きだといつもおっしゃっています。

まだ、ギルドの方針や空気が決まる前から所属してくれているメンバーさんなので、どちらかと言うと狩りギルドといえるSLにお話メインのあきさんを引っ張ってしまって、申し訳なく思うことがあります。

どうにか、1キャラだけレベルが高いキャラがいれば、あきさんの気が向いた時に一緒にメモリアルダンジョンとかに行けるのになあと密かに思い続けていたのですが、ご本人のスタンスはよく知っていたので、無理強いすることはできませんでした。

ですので、今回DDで熱心にレベルを上げてくれたことが本当にうれしかったです。
あきさん。ありがとう!


●おわりに

現金な話になりますが……。

プロンテラ南のギルド募集広場での募集は、似たような募集内容のギルドが複数あることが多く、単純にチャットを立てて募集してもなかなか人が来ない時があります。

(うちのチャットの文面が固いこともありますがw)

前回のパルティアさん、今回の早猿さんとこのブログを見て、入団のお話がしたいと接触してくれました。

ブログ経由の入団希望ですと、

1.面談の時に、ブログを見て下さいと案内する必要がない。
2.どういうギルドかある程度知った上で接触して下さっているので、ミスマッチが少なくなる。

と、プロ南での募集と比べて、良いことづくめだと思ってます。

時間や労力を割いて募集することなく、ギルドに定着してもらえそうな方に入っていただいて、こんなに事が上手く進んでいいのかな? と逆に不安になるくらいです。

この恵まれた環境が当然だと思わないように注意しなければなりませんね。

新しく入った方にも、所属していた良かったと思えるギルドを引き続き目指していきたいです。


早猿さんが体験入団したのは3/3で今日は3/9
ちょうど一週間ですが、正式に入団するかどうかは後数日待って、伺いたいと思っています。





このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
 
 

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可