second line

Home > ギルドの活動 > ギルド活動2 9/16(火)夜

 

ギルド活動2 9/16(火)夜

ギルドの活動 2014.09.18 Thu

●GH最下層地下洞窟2ミニツアー 4人PT

こんばんは。昨日もギルドで少しですが出かけられたので、まとめたいと思います。

やはり、レベル上げ目的以外のギルド活動を模索していて、風宮がふと思いついたものです。
GH最下層2はミノタウロスの強化版のごっついミノタウノス(ごつミノ)が生息しています。
ごつミノはかつてソロのレベル上げ狩場の最高峰でした。自分には縁がありませんでしたが、今はどうなっているのか、もしかしたらレベル上げでも使えないか確かめる目的がありました。

参加者:修羅さん(ノービス好きなお方)、皿さん(深淵好きさん?)、影葱(たくちゃん)、AB(風宮)の4人

もう一人、参加してくれていたのですが、風宮の配慮の無さで一緒に行けなったです。
本当にごめんなさい。

この場を借りてその方と他のみなさんにもお詫びを。
風宮はどうにもやる気を出すとダメなタイプな気がします。すぐに冷静じゃなくなりますし、周りへの配慮も足りなくなっていますね。
特にブログを始めてから変に何かしなきゃと思っているのかもしれませんが。もっと落ち着かないと……。


○GH最下層へのアクセス(左から右に進行) 赤=MAP入場地点 青=次のMAPへのポータル位置

GH               修道院            
GH加工 GH修道院加工
カタコンベ           地下水路2
GHカタコンベ加工 GH地下水路2加工
地下水路3          地下水路4          

GH地下水路3加工 GH地下水路4加工  
最下層1          最下層2
GH最下層1加工 GH最下層2加工 

 
大型クエスト「The sign」でも行く場所ですが、とにかく遠いですね。
それに全体的にMAPが広く、最初の修道院、カタコンベあたりは歩きでも苦が無く移動できますが、地下水路2からは
テレポの移動が必要になりそうです。
そして、地下水路4(アノリアン)と最下層1(アクラウス)はかなりの強敵のため、テレポで移動を試みるか、まとまって移動するか相談した方がいいのかもしれません。


VS ごっついミノタウロス ベース 180,038 ジョブ 117,439

HP 449,706/Lv 158 火2/動物/大 HIT 406/FLEE 389
ATK  3,251~4,73 MATK 2,432~2,432

○要注意スキル ハンマーフォール(HF) ヘブンズドライブ(HD) 火属性攻撃 

○対策 スタン耐性 火属性鎧(地属性鎧) 水付与(物理火力の場合)

ミノタウロス2体が取巻きでいて、3体いるのが基本編成です。
ミノタウロスと大体同じような行動パターンでしょうか。通常攻撃しながらHFやHDを混ぜてきます。
あまりダメージの出ない普通ミノのHDに比べて、ごつミノのHDはこの時のPTメンバーが一回で
瀕死になるほどでした。
ちなみにHDは
詠唱妨害できないらしくどうにか沈黙させるか受け切れるかしかないのですが、ごつミノのLvは高い……。

HDは土属性魔法なので、土鎧で防御したい所ですが、別に火属性攻撃もしてくるので
火鎧が最良でしょう。
そして、スタンの耐性も必要になります。風宮のABはまだラウダラムス(範囲スタン回復)が無いので、複数人が同時にスタンした時に回復に手間取り、防御が困難でした。

ブログ用加工画像3 

それと何より基本の能力が高いのが問題です。要HIT406 95%回避 389で高ATK
上の画像は偵察要員の日和先生が改めて偵察に行った際の画像です。
あえて、被ダメージを減らすような装備をせずに素に近い状態で攻撃を受けました。
本当はHDも受けてみる予定でしたが、その前に操作を間違えてやられてしまいました……。

攻撃面はごつミノのHPが多いため、連射性のあるスキルが望ましいですね。(修羅身弾、パワースイング等)

また、同じMAPにスティングがいて、クァグマイアを出してくるので、位置取りに注意が必要です。


○流れと感想

最下層2についてごつミノと何回か戦った所で帰る用事ができて、そのまま戻りました。
ですが、もしそのまま続けていても、防御面に不安があり、ちょっと敵の数が多かったら全滅の危険があったと思われます。
今回は最下層2に行くこと自体が目的でしたが、また機会があれば、属性鎧等事前に準備して狩りにチャレンジしたいなと思いました。

他の狩場にも当てはまりますが、上位の難しい狩場になればなるほど、敵が状態異常や強い魔法を使ってきたりして、専用の対策が必要となり、風宮自身もですが色々耐性防具を中心に揃えなければならず、なかなか厳しい現実だなあと感じました。


このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。


 
 

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可