second line

Home > ギルド紹介 > ギルド紹介

 

ギルド紹介

ギルド紹介 2014.09.13 Sat

●second lineについて (2015 1/31更新 一部文章手直ししたくらい)

ギルドsecond line(以下SL)はBreidablikサーバーで活動する非GvGの小規模狩りギルドです。
(ギルド全体でGvGには参加しませんが、GvGに参加したくて別のGvギルドと掛け持ちしているメンバーもいます。)

ギルドの設立は2013 6/6 Breidablikサーバー無料期間の初期から活動しています。

有料期間になってからアクティブのメンバーは減ってしまいましたが、
ゲーム内で他のプレイヤーと交流してみたいと望む方の助けになればと、日々のんびりと真面目に活動しています。

話をするにも、狩りをするにも人が必要で、他のプレイヤーと交流してみたいけれど、機会が無い、一歩踏み出してみたいという方を応援したいと思っています。

このページは、新しくギルドメンバーを募集する時に、ギルドの現状をなるべく正確に説明できるように、たまに書き直したいと思っています。

入団を希望する方、何のきっかけでゲーム内でSLの名前を知って、どういうギルドか知りたい方に向けて、ギルドの実情を説明させて下さい。


主な活動時間帯 

22時過ぎ~24時過ぎ。それ以外の時間にインしている人はあまりいません。

アクティブメンバー数 

現在、長期休止者を除いたアクティブメンバーといえる人数は5~10名近く。

最近の接続状況

調子の良い夜で5、6人。少ない日は夜でもほとんど人がいない時もあります。
他のギルドと掛け持ち自由なので、SL外やギルドに所属していない別キャラで活動している人もいます。

アクティブメンバーのレベル帯

よく接続し、SLの活動がメインの方のレベル帯は、
上が150前半。下が
120台。

イベントや経験値が稼ぎやすいメモリアルダンジョン通いの成果が出て、アクティブメンバーのほぼ全員がGHMD(古のグラストヘイム)の入場制限の130レベルを超えたキャラを持っています。

みんなサブキャラを複数持っているので、公平圏はもっと広いと考えていただいて大丈夫です。
ただ、低レベルのキャラしか持っていないメンバーはいません。

ゲーム内同様3次職の100レベル超えたあたりからが真のスタートなのはSL内でも変わりません。
(新規や復帰の方の育成手伝いを手厚くしたいと考えています)

たまり場 今の所非公開。プロンテラの街中にあります。
ROSNSについて ギルドのコミュニティがあります。参加には申請が必要です。 second lineでコミュニティ検索を。

職構成 

前衛と演奏職が特に少ないかと。人数が少ないので全体的に足りないです。
最近では、アクティブメンバーの大半が揃うことが必要ですが、演奏以外の職はどうにか集められて、本格的なダンジョン(主にメモリアルダンジョン)攻略が出来ているかと思います。


●普段の活動

主に狩りをするギルドですので、ギルド内で組むにしろ、単独行動するにしろ、レベル上げや金策に出かけているメンバーが多いです。
休憩する時やギルド狩りの相談をする時にたまり場に戻ってきて、そこでメンバー同士お話しすることもあります。

ですので、お話中心の方は合わないかもしれません。
(ROは古いゲームながら、チャット周りが優秀らしく、チャット代わりに使うプレイヤーもいるそうです)

リアルが多忙な方が多い印象があります。

そのためなかなか予定が合わないのと、
風宮が有料化後、リアル都合で金~日の夜(特に土日)思うようにインできず、 ギルド全体で予定を合わせて、特別なことをするのは難しい状況が続いています。
メンバーのみなさん本当に申し訳ないです……。

平日、終わりの時間が遅くなってしまいますが、去年の年末からメモリアルダンジョン(MD)の悪夢のジターバグや古のグラストヘイム(GHMD)に人が集まれば挑戦するようになりました。

風宮不在の日も、誰かが声をかければ、こうしたMDに行ける流れができるといいなと最近思っています。

せっかく同じギルドに入ったので、誰かが新しいキャラを始めた時に育成を手伝うとか、一人で攻略するのが難しいクエストを協力してできればなと思います。

偉そうな言い方になりますが、せっかくギルドを立ち上げた以上、ちょっとでも中身(内容)があるものにしたいと思っています。

ただ、ギルド所属キャラでインした以上、必ず他のメンバーと何かしないとならないとなると疲れてしまいますので、
活動を盛んにすると共に、ギルドを落ち着ける居場所にしたいですね。


●ギルドの雰囲気や詳しい現状について

繰り返しになりますが、
決まった日時に集まって事前に計画した活動を行うサークルというより、共通のたまり場を持った寄り合い所的なギルドだと思っています。

どちらかというと、賑やかとか騒ぎたいというより、落ち着きたいと思っているメンバーが多いです。

風宮が設立の目的を深く考えずにギルドを立ち上げたこともあり、良くも悪くも自由なギルドだと感じています。
(ただし、ギルドの過去の経験から、不正や迷惑行為には厳しめに対応します)
ギルドでいつも一緒に行動する! ということはなく、各メンバー思い思いに活動しています。

ある普段他で活動しているメンバーは「ここが自分の家」と言ってくれました。
別のメンバーは「大人のギルド」だと言ってくれました。

ギルドに入ったからといって、常にギルドの活動に参加する必要はなく、ふと他のプレイヤーと話したい。たまには誰かと一緒出かけたい。メンバー同士緩く付き合えたらと思っています。


最近のアップデートは高レベル向けのメモリアルダンジョン(MD)が中心です。

前回、当項目を書き直した2014年11月から比べると、ギルドメンバー全体のレベルが上がり、参加者が5人程いればジターバグやGHMDがクリアできるようになりました。

ただ、ETのようなもっと人数・職が必要な場所、決戦アップデートで実装されたMDにはレベルが達していないメンバーも多く、行けない所はまだまだ多いです。

これはGHMDに行けるようになるまで時間がかかったように、今いるメンバーが今後しばらく安定して接続してくれたとしても、環境が整うのに時間がかかると思います。

ですので、難関ダンジョンを攻略する仲間を求めたいとか、知り合いを増やしてガンガンレベルを上げたいとか、環境が整ったギルドで活動していきたいという方には不向きなギルドだと思います。


前回、2014年の11月末と比べると、ギルドの状態は大分良くなりました。

相変わらず小規模ながらも現在上がってくるメンバーは高接続者中心で、規則正しく穏やかなメンバーが集まっていると思います。

人を可能な限り入れて大きな規模にしたいわけではありません。
ただ、人数がいるとPTの幅が広がりできることが増えるので、無理のない範囲で少しずつ人を増やしていきたいと考えています。

立派なギルドにしたいというより、所属している人がこのギルドに入って良かったと思えるようなギルドにしたいですね。


落ち着いたメンバーが多いと思っていますが、とあるメンバーによると、マスターとメンバーで性格が違うところがあるから、新しく入ってきた人は戸惑うのではという指摘がありました。

落ち着きたいと思っているのは風宮だけで、意外とみんなはっちゃけたいのですかね。

必死ではなりませんが、真面目に活動をしゲームを楽しみたいメンバーが集まっているギルドではないかと思います。
のんびりすることもありますが、まったり成分はあまりないのかもしれません。


 
 

Comments

name
comment
comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可