second line

Home > 2015年07月25日

 

7/25(土) 近況 (主に精神状態について)


こんにちは。風宮ゆきみです。

今度もちゃんとした記事ではなく、時間の都合で殴り書きになります。

ネガティブなことを書くのはいつでも勇気がいります。

出来れば、外にもらさずに自分一人で解決、一人で消化するのが望ましいと考えていますが、なかなか状況が好転しないので、今回ブログに書くことに決めました。

その方が、一人で抱え込んで抱え込んでいつか爆発して、何もかも投げ出してしまうよりかはまだマシと考えたからです。

誠に身勝手ではありますが……。


6月末~7月中旬までの相次ぐメンバーの脱退。

理由はゲーム自体からの引退だったり、単独で行動したみたいとどれも仕方の無いものですが、自分がもっとしっかりしていればと思わないこともないです。

何人もの方に落ち込んでいるのを慰めていただきました。


実はその前からゲームへのモチベーションが低い状態がずっと続いています。

いつ頃からなのか自分にもはっきりは分かりませんが、

6/6のギルド2周念記念の枝祭りが大きなきっかけだったと考えています。

ここでは詳しくは語りませんが、このイベントで思う所があり、


自分は何でこのゲームをやっているんだろう。何を楽しみにしているんだろう。
ギルドを2年間やってきたけど、それは一体何だったんだろうか。


と、考えても仕方のないようなことを今更ながら考えてしまいました。

それ以来、自分はROで何がしたいのだろうかと自問自答する日々が続いています。


日々のギルドの活動がまったく楽しくないわけではありませんが、足りない職を出す機械的な物になっています。

優しいメンバーのみなさんはやりたい職を出したらいいと言ってくれますが、

長い間勝手に足りない職を出す状態が続いたせいなのか、今出したい職が何なのか自分でも分からない気持ち悪いことになっています。


モチベーションが低いから、レベル上げや金策にも身が入りません。

SLはやる気のある人が多く、周りのみんなは順調に強くなっていき、置いていかれる感覚が強く、自分も頑張らないととは思うのですが、ここ2~3週間まったく頑張れないです。

高レベル帯の支援で、自分のキャラが一番劣っていると自覚があっても、他の人との差を埋める努力ができない。

ただの意識の低い怠け者の話なんですが、どうして頑張れないのかと。


それでも、夜のメイン時間にはインして、ギルド活動に参加し続けようと思っています。

今の気持ちが沈んだ状態で、ギルドにも顔を見せなくなったら、そのままギルドのみんなの前から消えてしまう気がします。


何人かとギルドを守ると約束をしましたし、風宮自身このまま消えるようにいなくなるのは本意ではありません。

しばらく休んだ所で劇的に回復するとも思わないので、夜のギルドの活動だけはどうにか参加しようと考えています。

そうやって、迷い整理しながら自分の心の動きを見ていくしかないと思っています。


出かけるまでに書きあげるつもりで、文章が滅茶苦茶になってしまいました。

いきなり、こんなことを書かれて、ギルドのメンバーは特に困惑するかもしれません。

やる気がない。楽しくないと告白することになってしまい、申し訳ありません。

これを読んでくれたメンバー・関係者のみなさんは風宮と接しにくくなるかもしれません。

先に謝らせて下さい。ごめんなさい。


一時期的なものかもしれませんが、書いて少しだけすっきりしました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


 
 

7/25(土) メールをくださった方への個人的な返信

こんにちは。風宮ゆきみです。

今回は個人的な内容になりますので、あいさつは省略させていただいて、すぐ本題に入ります。


●7/25未明メールをくださった方へ


内容は風宮の中だけに留めてほしいとのことですので、曖昧なお返事になることをお許し下さい。

また、お返事は特に希望しないということですが、メールを拝見して、何らかしらのお返事をしなければならないと強く思いましたので、この場でお返事をさせて下さい。

これから、いただいたメールを再度読み返しながら、お返事を書いていきます。


ごめんなさい。

最初に、メールを一通り読んだ時、申し訳ないことをしたなと深く後悔しました。

これは自分の悪い所なんですが、細かい所に気をつけて、きちんと丁寧に物事に取り組まない失敗してしまうのに、所々こうして肝心な所が抜けてしまって失敗してしまうのです。

自分が完全に悪いのです。

物事を丁寧に処理する。メンバーに丁寧に接する。いつも心がけているつもりですが、
それは表面的な話で、中身が伴っていないからこうした失敗をしてしまうのでしょう。

当時のことは詳しくは思い出せないのですが、同じことが2回続いて、失望が強かったと思います。

ごめんなさい。

何で、もっと丁寧に接することができなかったんでしょうね……。


これ以上書くと、より具体的な話になってしまいますので、ここで失礼します。


こんなに至らないマスターで申し訳ないです。

他人を思いやるという人間としてかなり大事な部分が欠落した人間なのかもしれません。


最近、色々あって完全にマスターとしての自信を無くしていますが、いただいたご忠告をしっかり聞いて、同じ過ちを繰り返さないように心がけたいです。

ご丁寧なメール本当にありがとうございました。