second line

Home > 風宮ゆきみの独白

 

2016年も終わるので、ごあいさつ


こんにちは。風宮ゆきみです。

早いもので、2016年ももう終わろうとしています。

先程、リンク紹介の記事を更新しました。

リンク紹介の記事で自分語りをするのも良くないと思い、もう一つ殴り書きですが、年内最後の記事を作成することにしました。


今年の8月下旬からリンク紹介文作成の作業を再開しました。

2015年4月に相互リンクさせてもらったのですが、紹介文を作成できないまま1年以上経っていました。

ずっと安定してコツコツ作業できたわけではなく、そこからの4ヶ月余りでようやく2つ更新できました。
超スローペースです。

紹介文ですので、このような殴り書きと違い、丁寧に書かなければという気持ちが強いこともありますが、
文章を書くこと、記事を書くこと、継続して作業を積み重ねる難しさを痛感しました。

来年2017年は引き続き作業を続け、ペースを上げていければと望んでいます。


ギルドに関してです。

ブログの作業や身辺を整理してから新しくメンバー募集を行うと決めていましたが、ブログ作業がほとんど進まず停滞しています。

メンバー紹介記事が今の所用意できていませんでしたが、2016年後半に早猿さんとヘリオさんのお友達であるNosさんが加入、ここ1ヶ月程はエルさんが復帰して、積極的に活動してくれています。

他にメンバーの入れ替わりは無く、風宮の努力不足もあり小規模なギルドですが、今残って活動しているメンバーのみなさんはsecond lineに愛着を持ってくれていると勝手ながら思っています。


風宮はリアルの都合で日、水、金と最低でも週に3日インできない状況が続いていて、今後しばらくそれが続いて心苦しく思っています。

自分もROやギルドに愛着があるので、入れる日は出来るだけ入り、マスターというよりメンバーの一員としてみなさんと楽しく遊びたいです。

2017年は口だけじゃなくて、これまで以上に頑張ってどうにか成果を出したい……。

このあたりで失礼します。

SLメンバーのみなさん、ブログにお越しのみなさん

1年間ありがとうございました。

良いお年を。


 
 

7/26(日) 昨日の記事に対するコメントへの簡単なお礼

こんにちは。風宮ゆきみです。

昨日はネガティブな記事、失礼しました。

まだ、1日も経たないのに何人ものメンバーの方から励ましのメールをいただきました。

人によっては一言言いたいと、ドキッとする書き出しでしたが、厳しい内容では無く、私の気持ちに寄り添った優しく具体的なアドバイスが詳しく書かれていました。

こんなにも自分のことを理解してもらえているのかと驚きました。

みなさん返信は不要とのことですが、1名こちらから連絡の手段が無い人以外は個別に簡単な返事をさせていただきました。

この場を借りて、残りの1名にお返事をしたいと思います。

メールフォームの利用ですので、名前は伏せますが、返信の内容で誰なのか気がづく人がいるかもしれません。


いつも、メールありがとうございます。

いつもお忙しい中、ご自身の近況を定期的に連絡してくださり、申し訳ないと思うと同時に感謝しています。

実際にしばらくお会いできなくても、連絡をいただけると安心できます。

今回も励ましのメールありがとうございました。

○○さんのメールはいつもあたたかくて、丁寧で、文章からお人柄がよく伝わってきますね。

接続時間が合わないこともありますが、それでもうちのギルドにいたいと思えるうちは是非ギルドに所属してください。

タイミングが合えば、是非一緒に遊びたいものです。

無理をなさらず、ご自身のペースでゲームを楽しんでいただければと思います。

メールありがとうございました。



 
 

7/25(土) 近況 (主に精神状態について)


こんにちは。風宮ゆきみです。

今度もちゃんとした記事ではなく、時間の都合で殴り書きになります。

ネガティブなことを書くのはいつでも勇気がいります。

出来れば、外にもらさずに自分一人で解決、一人で消化するのが望ましいと考えていますが、なかなか状況が好転しないので、今回ブログに書くことに決めました。

その方が、一人で抱え込んで抱え込んでいつか爆発して、何もかも投げ出してしまうよりかはまだマシと考えたからです。

誠に身勝手ではありますが……。


6月末~7月中旬までの相次ぐメンバーの脱退。

理由はゲーム自体からの引退だったり、単独で行動したみたいとどれも仕方の無いものですが、自分がもっとしっかりしていればと思わないこともないです。

何人もの方に落ち込んでいるのを慰めていただきました。


実はその前からゲームへのモチベーションが低い状態がずっと続いています。

いつ頃からなのか自分にもはっきりは分かりませんが、

6/6のギルド2周念記念の枝祭りが大きなきっかけだったと考えています。

ここでは詳しくは語りませんが、このイベントで思う所があり、


自分は何でこのゲームをやっているんだろう。何を楽しみにしているんだろう。
ギルドを2年間やってきたけど、それは一体何だったんだろうか。


と、考えても仕方のないようなことを今更ながら考えてしまいました。

それ以来、自分はROで何がしたいのだろうかと自問自答する日々が続いています。


日々のギルドの活動がまったく楽しくないわけではありませんが、足りない職を出す機械的な物になっています。

優しいメンバーのみなさんはやりたい職を出したらいいと言ってくれますが、

長い間勝手に足りない職を出す状態が続いたせいなのか、今出したい職が何なのか自分でも分からない気持ち悪いことになっています。


モチベーションが低いから、レベル上げや金策にも身が入りません。

SLはやる気のある人が多く、周りのみんなは順調に強くなっていき、置いていかれる感覚が強く、自分も頑張らないととは思うのですが、ここ2~3週間まったく頑張れないです。

高レベル帯の支援で、自分のキャラが一番劣っていると自覚があっても、他の人との差を埋める努力ができない。

ただの意識の低い怠け者の話なんですが、どうして頑張れないのかと。


それでも、夜のメイン時間にはインして、ギルド活動に参加し続けようと思っています。

今の気持ちが沈んだ状態で、ギルドにも顔を見せなくなったら、そのままギルドのみんなの前から消えてしまう気がします。


何人かとギルドを守ると約束をしましたし、風宮自身このまま消えるようにいなくなるのは本意ではありません。

しばらく休んだ所で劇的に回復するとも思わないので、夜のギルドの活動だけはどうにか参加しようと考えています。

そうやって、迷い整理しながら自分の心の動きを見ていくしかないと思っています。


出かけるまでに書きあげるつもりで、文章が滅茶苦茶になってしまいました。

いきなり、こんなことを書かれて、ギルドのメンバーは特に困惑するかもしれません。

やる気がない。楽しくないと告白することになってしまい、申し訳ありません。

これを読んでくれたメンバー・関係者のみなさんは風宮と接しにくくなるかもしれません。

先に謝らせて下さい。ごめんなさい。


一時期的なものかもしれませんが、書いて少しだけすっきりしました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。


 
 

7/25(土) メールをくださった方への個人的な返信

こんにちは。風宮ゆきみです。

今回は個人的な内容になりますので、あいさつは省略させていただいて、すぐ本題に入ります。


●7/25未明メールをくださった方へ


内容は風宮の中だけに留めてほしいとのことですので、曖昧なお返事になることをお許し下さい。

また、お返事は特に希望しないということですが、メールを拝見して、何らかしらのお返事をしなければならないと強く思いましたので、この場でお返事をさせて下さい。

これから、いただいたメールを再度読み返しながら、お返事を書いていきます。


ごめんなさい。

最初に、メールを一通り読んだ時、申し訳ないことをしたなと深く後悔しました。

これは自分の悪い所なんですが、細かい所に気をつけて、きちんと丁寧に物事に取り組まない失敗してしまうのに、所々こうして肝心な所が抜けてしまって失敗してしまうのです。

自分が完全に悪いのです。

物事を丁寧に処理する。メンバーに丁寧に接する。いつも心がけているつもりですが、
それは表面的な話で、中身が伴っていないからこうした失敗をしてしまうのでしょう。

当時のことは詳しくは思い出せないのですが、同じことが2回続いて、失望が強かったと思います。

ごめんなさい。

何で、もっと丁寧に接することができなかったんでしょうね……。


これ以上書くと、より具体的な話になってしまいますので、ここで失礼します。


こんなに至らないマスターで申し訳ないです。

他人を思いやるという人間としてかなり大事な部分が欠落した人間なのかもしれません。


最近、色々あって完全にマスターとしての自信を無くしていますが、いただいたご忠告をしっかり聞いて、同じ過ちを繰り返さないように心がけたいです。

ご丁寧なメール本当にありがとうございました。


 
 

4/1(水) 邂逅と別れ(エイプリルフールネタです)


こんばんは。風宮ゆきみです。
まだ書かなければならない記事が複数あるのですが、どうしても先に書きたいことができたので、順番を無視することにします。


当ブログと相互リンクしている

お茶会日和(仮)さん (管理者 流花さん)

でとても大事なお知らせがありました。


このまま当記事を読め進める前にまずは↑の記事を良く読んでいただきたいです。


エクラージュのオーブ支援の時間表を始めとした有用な情報を数多く扱っているブログさんで、記事の更新頻度もとても高く、毎回楽しく拝見させていただいています。

FC2ブログのラグナロクオンラインのジャンルランキング1ケタ常連の有名ブログさんです。

このブログをご覧の方も一度は見たことがあるという方も多いのではないでしょうか。


そのお茶会日和さんの4/1日付けの最新の記事で、

お茶会日和(仮)を今のゲームブログから、流花さんが飼っているボストンテリアのブログに変更するとお知らせがありました。


普段からツイッターで交流があり、良くしていただいていますが、
このブログはRO関係のブログにしかリンクを張らないつもりですので、ブログの内容が変わった場合のリンクの扱いをどうするべきなのか、やはり原則に従ってリンクを解除していただくべきなのか記事を拝見して非常に困っています。

このブログはsecond lineのギルド情報を扱うブログで、いくらリンクを張っているとはいえ、ギルド外の方の話をしてもほとんどの人がよく分からないと思うのを承知でお話をさせて下さい。


実は数日前に、ゲーム内で流花さんと長い時間お話をする機会がありました。
とても楽しく、考えさせられる素敵な時間でした。

次は機会があれば一緒に狩りに行こうとおっしゃっていただき、それを心待ちにしていたので、今回の発表にかなりショックを受けてしまいました。

最初ばーっと読んだだけでは、ROブログを止めるだけなのか、RO自体止めてしまうのか分かりませんでした。

きちんと読み返そうとスクロールして記事の頭に戻すと、ふとブログタイトルが目に入って、やっぱりRO自体止めてしまうのだと気がついてしまいました。

申し訳ないです。文章の転載になってしまうのですが、

○お茶会日和のタイトル文


Ragnarokonline(RO)のBreidablik鯖(Bre)で活動中でした。ただのわんこ好き


以前は、確か活動中です? ただのAB好きだったと記憶しています。

また同じく、管理者プロフィールですが、


Author:流花@Bre
ただのわんこ好き。


となっています。ここも↑と同じでただのAB好き。だったと思うんです。


突然の知らせでかなり動揺しています。気持ちを整理する上でも記事にさせて下さい。


さて、邂逅というのは我ながら大げさな言い方ではありますが、
ツイッターで多少やり取りをした程度で実際はほぼ初対面だった流花さんとゲーム内でお話した際、どうしてか心の深い部分のお話になりました。
 

SLのたまり場にお越しいただき、夜中に二人だけでお話をしました。

流花さんはブログの通りの丁寧な方で、風宮にとってはとてもまぶしい存在でした。

同じギルドマスターとしてどこか似ているところがあると流花さんはおっしゃいましたが、自分は納得できるようなできないような何とも言えない気持ちでした。

人間の出来という点でまったく似ていないと個人的には思うのです。

完全にプライベートなお話なので(RO関係ですが)、ここでは多くを語れませんが、
とにかく、会話の中で終始自信が無さそうにしている風宮を大丈夫と励まし続けてくれて、何て人間の出来た方なんだと思いました。


流花さんとお話したのは3/28の未明でした。

お茶会日和の該当の記事によると、3/20のLifサーバーでのブログ管理者のみなさんの集まりでブログ内容を変更することをその場にいる方々に告白したとあり、

風宮とお話した時には、もうROをやめる決心がついていたのだなと思うと何とも言えない気持ちになります。

それで、未熟ながらもとりあえずはROをまだ続けていこうとする風宮に手を差し伸べて下さったのかもしれません。

確かに、自分ももしこのゲームから退くことがあれば、カタチが無いものであっても何か残したいと思えるのかもしれません。


別れっていつでも突然やって来るものなんだなとしみじみ思いました。
でも、あの場で風宮が流花さんに自分の心の深い所を隠そうとしたように、流花さんもまた心の深い所を隠していたのかもしれませんね。

恩人が離れていくのは辛いですが、ご本人の決めたことですから、外野としては受け入れる他ないと思います。

これまで、お疲れさまでした。
ブログの内容が変わっても、ちょくちょく見に行きたいと思います。

リンクの件は自分が勝手に作ったルールですので、もし良ければこのままにさせて下さい。


本当にありがとうございました!





























































○同じ記事内できちんとネタバレしたいので


スクロールはこれくらいでいいかな。
はあ、慣れないことをすると疲れましたねw

さて、日が変わった直後に風宮が普段よく見ている2つのROブログでそれぞれ重大な発表がありました。

2つ共ROブログではかなり人気のブログで、1つはそこのブログの管理者さんがCDデビューすることになった。

もう1つは↑に書いたお茶会日和さんで、ブログの内容を変更しゲームブログを止めるというものでした。


最初は本当に書くべき記事が多いし、自分にはユーモアもありませんし、何よりそういうキャラじゃないから、楽しそうにエイプリルフールに参加している人達をいつも通り遠くから見ているだけにしようと思ったのです。

でも、流花さんが一所懸命エイプリルフールネタを仕込んでいるのを見て、何か変に火がついてしまったんですよね。

(最初投稿した直後は記事の日付けがおそらく3/31になって、その後すぐに4/1に直したところが仕込んでいる感が出ていてとても良かったです。)


エイプリルフールは嘘をつく日だと解釈していて、風宮もそれに参加するのなら、自分で何らかしらの嘘をつく必要があるのでしょう。

今回、流花さんが仕込んだネタにきれいに騙された設定で自分もカウンターの嘘記事を書きました。

変則エイプリルフールなんだと自分では思っています。


それで、お茶会日和の記事を読んで、急いでこの記事を書き始めました。

こんな深夜に何をやっているんだ! 風宮ゆきみと。自分でツッコミを入れたくなりますね。


エイプリルフールってのは普段参加しないものなので、嘘をついたことを付きっぱなしにするのか、その場で嘘でしたーとバラすのかやり方が分かりませんが、

お茶会日和の該当記事では、同じ記事内でネタバレはしていなかったので、それに乗っからせていただくことにしました。

もしかしたら、嘘じゃなくて本当のことで、そうだとしたら大変失礼なことをしてしまいましたが……。
こんなの予防にならないけど、一応書いておきます。

普段のブログの記事と違い、ばーっと勢いのままに書いて、文章は滅茶苦茶内容も気持ち悪いものになってしまったかもしれませんが、文中に書いた風宮の気持ちに偽りは基本ありません。

数日前の流花さんとのお話は自分にとって言葉に上手くまとめられない心を動かされた不思議な体験でした。

とにかく、普段良い意味で(自分ではそう思っている)他人と表面的に接しようとしているので、ほぼ初対面で何故かいきなり自分の心の結構奥の部分を打ち明けることなり困惑しましたが、悪い気はしませんでした。

流花さんはお話の中で「心を開く」という言葉を使いました。

自分は人に心を開く必要は基本的には無いと思い、それで分かりづらいですが、風宮ゆきみと風宮ゆきみの中の人に分けて振舞おうとしています。全然上手くいきませんがw

流花さんは最初のお話で、風宮ゆきみの中の人のかなり奥まで辿り着きました。

これが心を開かされた。ということなのかもしれません。

自分の本心を人に見せることは常に不安があります。

だから、数日前のやり取りのことを未だにあれで良かったのかと思いだすことがあるのです。


今回の記事のようにサービス精神旺盛なところが流花さんのお人柄そのものなのだと風宮は思っています。

それを劣化コピーしたことになりますが、エンターテイナーなお二人を見習って風宮もたまにはふざけてみようと思っただけです。

えっと、後は何を書けば、きれいに後始末できるかな。


ここからは流花さんへの個人的なメッセージになります。

ごめんなさいと言うべきなのでしょう。

我ながらセンスが無い。これでは読んでも楽しくないぜ! と最終的に思いました。

こんなどうしようもない記事ですが、アップすることをお許し下さい。

実は最初、お話の時に取っていたリプレイ動画からSSを撮影して張ろうとしましたが、ギルド外の方が写ったSSをご本人の許可無く載せるのも違うと思い、自重しました。

そして、全体的に何とも気持ちの悪い記事になってしまい、読んでいてなんだこれは思われているかもしれません。

ツイッターでもあの後少しやり取りをさせていただきましたが、あのお話で心を動かされたのは本当で、風宮ゆきみにとっては邂逅と呼ぶにふさわしい出会いだと勝手に思っています。

繰り返しになりますが、自分を正直に表現するということは、それだけ怖いことなのです。

まだ、今後お話することや接することがあった時、どういう風に接したらいいのか分からないですが。

こういうのを人見知りというのですかね……。

これでこいつはもうダメだとか思わなければ、今後もどうかよろしくお願いします。

もし良かったらまたお話できたり、今度は一緒に何かできるとうれしいです。


こんなふざけた記事になってしまいましたが、改めて感謝の気持ちが伝えられて良かったと思っています。



この記事を読んで下さった方へ。

なんか本気感を出そうとして、余計につまらなくなってごめんなさいw
こんな記事を最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました。

また心を入れ替えて、ギルドのことを中心としたブログを続けていきます